電話占いの料金システムを理解して計画的な利用を!料金相場と占いの平均時間

MENU

電話占いの料金システム

電話占いの支払い準備をする女性

電話占いの料金システムは基本的に1分ごとの時間課金です。
料金相場は200~400円/分で、電話占いサイトによって一律料金や占い師ごとで異なる料金設定になっています。
平均相談時間は20~30分。1分200円で20分の相談をした場合、料金は4,000円です。

 

ただし、上限時間の制限はないので、相談内容が多岐に渡る場合や、話を掘り下げていくと知らない間に高額な料金になってしまうリスクがあります。
1分400円で2時間(120分)相談してしまうと、48,000円も取られてしまいます。
ストップウォッチや時計を手元において、自分で時間の管理しながら適度なタイミングで切り上げるようにしましょう。

 

 

支払い方法は?

占いサイトによって異なりますが、基本的に支払い方法は銀行振込やクレジットカード払い、その他の電子マネー払いです。
事前課金と事後精算の2種類を用意されていて、一部の電話占いサイトは会員ランクに応じて事前課金はボーナスポイントが付いてきます。

 

注意しないといけないのは、保有しているポイントを使い果たしても勝手に電話が切れるのではなく、事後精算の課金相談へ自動移行されてしまうことです。
会員登録特典の無料ポイントを使って相談することもできますが、無料ポイント終了時間を過ぎると有償相談になってしまいます。
不倫の相談は感情的になって時間が思っている以上に早く過ぎていくので、時計やストップウォッチを見ながら相談するようにしましょう。

 

電話占いの安全な支払い方法

 

料金を支払わないとどうなる?

電話占いは会員登録する際に利用規約への同意が必須です。
利用規約には料金を期日までに支払わないと延滞料が発生する旨が書かれています。
無料お試しのつもりが長時間の鑑定をしてしまい、高額な請求が来て逃げてしまう人がいます。

 

後払い精算分の未払いを続けると、自宅に延滞料を含めた督促状が届き、最悪のケースでは裁判を起こされてしまいます。
上限時間を定めていないことや、占い師は話が上手なことから未払金を巡るトラブル事例が多いのも現状です。

 

不倫相談の場合は、不倫事実の確認だけなら短時間の利用で解決できますが、気持ちが離れているパートナーとやり直す方法を相談すると話が長くなりやすいです。
事前に相談したい内容を決めておいて、他のことが気になっても当初予定していた答えが分かったら一度電話を切って、気持ちを落ち着かせてから再鑑定を受けるか検討しましょう。

 

 

最短で何分から利用できる?

占術や占い師の技量にもよりますが、最低でも5~10分ほどの相談時間が必要です。

 

「夫は不倫していますか?」 → YES or NO 
このような即答による鑑定はほぼ不可能です。

 

占術によっては自分と配偶者、不倫を疑っている人の名前や生年月日などの情報を伝える必要があります。
霊感を駆使する占い師は、霊視や守護霊対話をするのに集中する時間が必要です。
数分程度の鑑定で終わらすつもりで利用して時間指定をすると冒頭で電話占い師から断られてしまうケースがあります。
最低でも10分、できれば平均時間の20分前後の予算を持って利用することが望ましいです。