匿名相談をすることで安心して話せますし、トラブルを回避しやすくできます。

MENU

なぜ電話占いは匿名性が高いのか

 

電話占いのメリットは、場所を選ばずに全国の敏腕占い師から手軽に鑑定を受けられることです。
相談する場所を限定されないことによって周囲から目撃されるリスクがないことや、予期せぬところで関わる人と接点を持ってしまうリスクがないため、匿名性が高いです。

 

もちろん、登録している占い師や運営サイトは個人情報の保護を徹底しているので相談内容が第三者に漏れるリスクは一切ありません。

 

 

地元で相談するリスク

秘密が漏れて驚く女性

対面式の占い館や探偵事務所、弁護士事務所を利用する場合は先方の拠点に出向く必要があります。

 

地元であれば、こうした施設への出入りを周囲から見られたり、同じ場所を利用している知人と鉢合わせをしたり、相談先の人に共通の知人がいるなど、何かしらの繋がりができてしまうリスクがあります。

 

相手もプロなので秘密厳守を徹底しているものですが、地元だと予期せぬところから秘密が漏れてしまうこともあります。

 

たとえば相談先の占い師や探偵が友人に「そういえば、最近○○に住んでいる人から不倫相談を受けて」と名前を伏せて仕事の相談をしたとします。
その知人は住んでいる場所などちょっとしたヒントから、もしかして知人かもしれないと思って年齢や見た目の感じを聞き出して本人に繋がってしまうケースもあります。

 

また、偶然見かけられたり、会話をたまたま外部から聞かれるリスクなどもあり、地元の中で相談先を探すことはリスクが高いです。
遠方の占い師を利用する方法もありますが、1日外出するのは不自然で何か企んでいると配偶者や周囲から疑われたり、Suica(電子切符)やETCの明細から遠方に出かけたことがバレてトラブルに発展するリスクもあります。

 

電話占いは、地元にいながら遠く離れた敏腕占い師と相談できますし、登録している多くの占い師は顔写真を公開しているので安心感があります。

 

 

匿名相談でも鑑定してくれる占い師がいる

占いをする占い師

占術によっても変わりますが、姓名判断をしない占い師の場合は匿名相談でも求める相談内容を鑑定してくれるケースがあります。

 

たとえば守護霊対話のできる占い師で、あなたが不安に思っていることの真相を守護例が知っているのであれば、電話越しで占い師と守護例が対話してくれるだけで問題解決できます。

 

霊視の腕がよければ、相談者の想いや念からパートナーの方まで霊視して鑑定してくれるケースもあります。

 

 

ただし、電話占いは会員登録しないと利用できない問題があります。
大手であれば個人情報の管理は徹底していますし、基本的に電話占いは住所登録不要です。
身分証提出は基本的に不要で名前、生年月日、メールアドレスが義務付けられていることが多いです。

 

第三者に見られることのないメアドで登録して、事前課金できるポイント制の占いサイトを利用すれば本名を偽って利用することも可能です。
登録や支払いから電話占いの利用がバレるリスクがあるので注意しましょう。